依存回避の方法として

the capsules in a vials

単純に依存性があるという話を聞いた時に、ほとんどの人は飲むのを辞めようかな…と思ってしまうかと思います。依存性のある物ほど怖いものは確かにないとも言えるので、厳重に警戒することが必要になりますが、デパス依存にならないようにする方法もちゃんと存在するので、まずはデパス依存にならない対策をすることが何よりも大切になってきます。精神的なストレスからの解放を本気で望むのであれば、デパス依存にならない為の対策方法を知った上でちゃんと投与していけば、安全にずっとデパスと付き合っていくことが出来るでしょう。では早速デパス依存対策を行っていく上での方法を教えておきたいと思います。基本的に不安が強いと言われる人は、大体睡眠薬も一緒に飲む人が多いんですが、睡眠薬の選び方からまず気をつける必要があるのです。恐らく大抵の人は何も気にしないで適当に睡眠薬を選んでいるかと思いますが、実はそこにはデパス依存症に繋がってしまう落とし穴が待っています。他の記事でもベンゾジアゼピン系の薬が依存度を上げるという話をしていると思いますが、まさに睡眠薬の種類の中にもベンゾジアゼピン系の薬が存在しているのです。つまり系統が抗不安薬とダブってしまうとかなりデパス依存を促してしまうことになります。だからもし睡眠薬とセットで抗不安薬を飲む際には、必ず非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を投与するようにしてみてください。それだけで依存度はかなり下がります。ただベンゾジアゼピン系の特徴として短時間しか効かないので、オレキシン受容体拮抗薬を選択して飲むのもありです。